妄言を吐き出すところ

妄言を吐きだすんだ、僕の自由が許すままに

カオチャLCC その2(遅

くはは、お久しぶりですげろっすです 

 

 

さて、前の記事の方なのですが、trueルートはまた後日更新するのなんのとか行ってたの自分でも覚えているんですが、正直めんd、いやなんかクラッキング食らってました、クラッキングてあれよねなんか美味しいあれおいおいおい死ぬわあいつ。

 

さてさてさてここで久々にカオチャLCCの感想の続きを書きたいと思います。

一応ネタバレ的な

 

タクは、わっくんの妄想攻撃を受けてもそれにあらがっていたのです。

尾上ルートでの彼と尾上の駆け引きでそれがよくわかった気がします。なんとしても、病院からでようとした彼は無意識?にも妄想に負けないように戦っていたのだと感じます。

 

ちょっとした、自分のタクについての考えをかきます。

少年時代の彼は尾上という存在を受け入れさらに、自分の存在証明を彼女にたくしてしまいました。己の知を認める彼女をつくりあげることにより。彼が本編で情強というのにこだわったのもそのためだと感じます。それは彼が真の情報というものを必死に追いかけ、それ以外のものを蔑む現代人的思考をかたどったキャラというものだけでなく。彼が彼自身の情報を常に表していたい人間だったのです。それは少年時代での親から受けるネグレクトからなっています。

彼の親は彼を無視しました。そして、彼が嫌う情弱というものも真の情報というものを無視します。彼は、真実を愛することにより自分を愛したのです。そして、それを認めてくれる尾上を。彼女がタクの知を認めることはそれだけで彼の存在を愛する行為に他ならなかったのでしょう。

その点で、今回のLCCと本編は空気感が違う作品ではありますがその根本は全く変わらない良作のように感じました。

真の情報と向き合っていく彼が、自分のすべきことを見出していく本編

ヒロインとのイベントにより自分の気持ちと向き合っていく彼が、彼女たちのために自分のすべきことを見出していくLCC

そして、彼は大人へと成長していくのです。

もし、まだLCCをプレイ途中の方がいましたらタクというキャラクターを強く感じてプレイしていただきたいと思います。

そして、彼がどのように大人になっていくのか親のようにみていただきたいです。彼を愛していただきたいです。

 

なんか、言葉が全く整理できなかったので理解なんて全くできないと思います。

 

僕も理解できてません()

でも、僕が言いたいことの先っちょだけでも感じてくれたら僕は幸いです。

 

よーし、終わり!なんかフラフラと書いて行ったから日本語がクソすぎるぞう!

知らん!()

 

ちよすたらいぶたのしみでつ!!!!!!!!!!!!