妄言を吐き出すところ

妄言を吐きだすんだ、僕の自由が許すままに

どうもお久しぶりでつ

お久しぶりですごみk、げろすです。

なんか数日前くらいにブログ更新を毎日頑張ります!とかいう妄言を吐いてそれ以来の更新が今日までにない始末というこの三日坊主感はどういたしましょう。(いや、どうすることもできない)

なぜ更新することができなかったかというと、話のネタがな、いえ、忙しかったためです。断じて話のネタがなかったとかじゃないです。暇な時はLoLをしていたとかそんなわけないです。

さて、久しぶりの更新ですので最近見つけた漫画で面白いと思ったものを一つ紹介したいと思います。

 

 ドン!

王様達のヴァイキング

社会不適合者でありながら天才的なハッキングセンスをもつ主人公の是枝が自らがもつハッキングの技術を用いて社会の中で生きていこうとする様を描く物語です。一巻を読んで見たらそんな感じが出ていました。著者はIT関係の知識を多く持っていて(いわゆるオタクというもの)、今作は日常のあらゆる場面でコンピューター(スマートフォンも含む)を使いながらもインターネット関係のことセキュリティのことについては今ひとつ疎い我々一般の人間から見て理解しづらい、読みづらいような点が多々あるように感じられますが、それらを差し置いて僕たちは日常に潜む確かな危険を知り、ハッとさせられます。

僕らが普段使っているようなパスワードは場合によっては数分程度の時間で破られてしまうようなものであること。強固なセキュリティを築いた企業の外の世界にはそれをいともたやすく破ってしまうような人間が多数存在していること。…これは今インターネットが行き渡っているからこそ読んでもらいたい作品です。

また、主人公の是枝が様々な人間に出会って自分の生き方に苦悩していき、一歩ずつ成長しづつけていく様は必見です。

以上で王様達のヴァイキングのちょっとした説明を終えようと思います。いまなら、アマゾンで8/17 22:00まで無料で1〜3巻を配布しているのでこれを機に読んでみてはどうでしょうか