妄言を吐き出すところ

妄言を吐きだすんだ、僕の自由が許すままに

ベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ベーコンポテトパイベーコンポテトパイ

ナゲッツ親子 #ナゲッツ親子

桃源郷の舞台裏(「飛田で生きる」を読んで)

ささ、どうもこんばんはげろすです。先日はクロスバイクをぶっ壊したということを記事に書いた結果、それなりに見てくれる人がいたのでとても嬉しかったです。Amazonで3万くらい使って本当に良かったなと思っています。3万払って30ちょいのブログ閲覧数を勝ち取った稀有な偉人として認めてもらってもいいのではないでしょうか。山川出版社、ぼくを日本史の教科書に載せるのはよ。

 

gerosu.hatenablog.com

 そして、なんとなくブログの名前とデザインを今日2017年10月4日から変更することにしました。

 

理由は印象心理学の権威ケプロン氏がある本に書いていた「文章でもなんでもその画面を含めたデザインの構成に対称性が生まれ、読者側が無意識においてでもその存在を感知してしまった場合、対称性が心理的に安定をもたらし人は文章をいつもより早いスピードで読むことが可能となる」という内容からヒントをもらいました。

 

僕はこのブログをゆっくり読んで欲しいのであえて記事を左端に持って行くことによって、不安定さ、緊張さを皆さんに与えているのです。

 

はい

 

 

 

嘘です(この行は比較的目に優しい緑を使用していますので、目の疲れを感じている人はここをゆっくり眺めてください😎🤓🤗)

 

 

さて、最近少しアダルトな本を読んだので今日はそのことについて書きたいと思います

 

みなさま

 

飛田新地はご存知ですか。知っている人はブログでなんて話をするんだこいつはと眉間に皺寄せていることだろうと思います。知らない人は覚えてね三浦のボイラーググって見てください。いちおう、18歳以上を推奨としておきます。

 

さて、飛田新地は大正時代には飛田遊郭として栄えておりwikipediaのほうでもそのような名前で記事が乗っているようですね。

これ実際僕も見に行ったことあるんですけど、そこだけは現代から取り残されたような景色を感じさせ、女性の美しさと灯のきらびやかさはまさにここを桃源郷のように思わせたのでした。

 

そして、最近Amazonにて飛田について興味深い本があったのでkindleで購入して読むことにしました。

「飛田で生きる 遊郭経営10年、現在、スカウトマンの告白(徳間文庫)」

 

 

著者は豊かな生活のために、多額のお金で飛田にて店を構えることにします。そこで著者は飛田のオーナーとしての苦悩、飛田で働く女性たちを彼視点から見た様子、飛田という町の異質さを肌で感じていくのです。それを書き記した本がこれです。

この本には、僕たちがあまり触れることのない世界の裏側を記しています。例えば、風俗という業界にはよくヤクザ、暴力団などが絡んでいるのですが飛田という地ではまた違った形で業界が守られているという事実。飛田で店を構えるということはそれほど簡単ではなく、多くの準備が必要であるということ。それだけに見返りが大きいということ。女性たちは、自らの夢のために自分の体を売りお金を稼いでいるということ。

ここには、僕たちとは全く違う形であれ、人間の生きるということがたくさん詰まっているように感じました。

 

p.s 携帯が壊れました 3〜4ヶ月に一回くらいの頻度で壊れている気がするのでもうiphoneは信用しないです(ガチギレ

 

 

買ったばかりのクロスバイクを1週間で壊してしまった話

やあやあどうもみなさんこんばんは

夜も深まり人々の声もだんだんと囁きに近づくこの時間、こうしてブログを書いております。(文章力のNASA)

さて

題の通りです

自転車がぶっ壊れました。

ぶっ壊れたって言ったら語弊がある感じのニュアンスなので言い換えます、ちょっ壊れました。

なんで壊れたのでしょうか。我々はそれを探るためにアマゾンの奥t

~~~~~~~~~

1週間前にさかのぼる。

「家の鍵に自転車の鍵をつけていたらそれごと旅行先でなくしてしまった☺️😉どうしよう、そうだあの自転車空気入れなくてけどクッソほど重かったので新しいのに買い換えよう!大学生といえば、クロスバイクや!!!!!!!!!!!!!!」

 

こうしてとりあえずやすいクロスバイクはないものかと、目をギラギラにさせながら朝四時サークルの合宿所でAmazonを開きながら、僕はLIG MOVEという解へたどり着いた。

 

 

どうやらレビューによると、同じクロスバイクを街中でよく見かけることがあるのでダサく見えてしまうかもしれない。そこが気に掛からなければよい、らしい。そんなバカなことがあるか。はいはいワロスワロスと僕は鼻で笑った。いや、大笑いだったかもしれないな、あの時は。

それほどまでにレビューが馬鹿げて見えたのだ。様々なクロスバイクが街を走るこの日本でそれほどたやすく種類がかぶることなどあるわけがない。この妄言吐きめ。僕は騙されないぞ。このクロスバイクを乗り回して夢のキャンパスライフを謳歌するぞ。

そして、大きな荷物のため外で待機してもらっても良いかという配送業者の電話。僕はアパートの外へ出た。

アパートの駐輪場でさっそく同じやつ一台発見した、ワホス。

 さて、配達される自転車に浮き立つ心をおさえながらダンボールを開けると

なんと、組み立てを要していたのである。

ーー僕の頭は真っ白だ。

僕に組み立てなんてできるわけないだろ。ふざけるな、僕は図工が2とかの男だぞ。実力ではなく知識量だけで図工の成績を上げた男だぞ僕をなめるなよと吹きこぼしの技法を思い出して懐かしい。怒りで血管が切れそうだった、少年漫画で親友を殺された主人公の怒りがわかった気がした、もしくは憤死をしてしまったボニファティウス8世の気持ちか。

 

組み立ては、もちろんのようにタイヤを逆方向にセットしていたため、それに気づくまでは車輪と車体が干渉をし、きぃきぃとその金属の体から悲鳴がなろうとも自分には非がなく業者の誤送だと割と本気で思うくらいには酷いものだった(途中で原因に気づけたので自らに図工4を与えたい。)

ペダルの設置これが悪かった。神がこやつに図工4を与えられようが今まさに自転車を組み立てている男はペダルを適当にはめたのだ、慢心という悪癖が彼をそうさせたのである。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、今ペダルがぶっとれて中のクランチ(ペダル入れるところ)がネジ山変形するぐらいには壊れていましたワロス

修理とか結構するみたいですワロス

これ書くまでは、格安で買えたクロスバイクにお得な買い物したなあ僕はぁ。とか思ってました。ワロス

以上。ゲリョス

 

ジャズについてのあれ

お久しぶりですこんにちわです

もうすぐ大学生としての夏休みが終わりを告げようとしているので、現実逃避的な意味でブログの更新をしておきたいなと思っておりまして

そうなるとどのようなことを記事に取り上げようか迷ってしまうものです、、、

ということで今日は特に書くことがないのでこの辺で終わりにさせていただきますありがとうございました作者の次回作にご期待くださいということで普段からよくツイッターの方につぶやいているジャズについてをタイトルとして取り上げようかと思います。

今回の文を機にみなさんの中でのジャズが「なんかおしゃれな音楽」といったとっつきにくいイメージで無くなってくれると幸いです。

ほいということで有名どころの曲を貼っていきたいと思います。Fly Me To The Moonという曲みなさん一度でもお聞きになったことはあるのではないでしょうか(歌がないために味気ないと思われるかもしれませんが)

この動画を例に基本的なジャズの曲の進行を説明しようと思います。

  1. イントロ
    最初にいきなりフラーーーイミトゥーザムーーーンと入らずにベースの人がどぅでっどぅどぅっでーーーんて感じでひいてるのがありますが、これは曲に入るためのイントロです、ジャズはこのイントロを同じ曲名でも様々な楽器で様々なやり方で作るためその度に同じ曲が違う雰囲気に感じられます。


    Fly Me To The Moon -- Beegie Adair Trio
    はい、こっちも同じ曲です。最初のところ比べてくれるとわかりやすいんですが、さっきのサックスでやっていた方はイントロはベースがとても大人っぽい落ち着きのあるものをやっていました。それではこちらの曲は??ピアノの人が怪しい感じでイントロを弾いてくれました。このようにジャズは同じ曲でも演奏者によってその雰囲気をガラリと変えてしまうのです。

  2. テーマ
    みんなが知ってるフラーーーーーーーイミトゥーーーーーザムーーーーーーンのところです。よく聞き覚えがあるので口ずさむことができます。しかし、ここも演奏者が自由にテーマの感じを崩して作ることが多いです。

    これをフェイクというんですが、僕たちがよく聴く音楽には馴染みがないでしょう。強いていうなら安全地帯の玉置浩二氏とかを見ていただければフェイクってこんな感じなんだってわかると思います


    安全地帯 ワインレッドの心


    前者は若い頃の氏ですね、こちらの方が忠実に歌っている感じがあります。そして後者、歌い方がどう聞いても変わっていることがわかると思います。具体的に言えば、所々の歌い方を流すように歌っているところがあります「忘れてしまえば」「それ以上」「愛されるのに」「瞳のままで」「ワインレッドの」「持て余しているのさ」ここら辺のところがわかりやすいです。この崩すように歌っていることをフェイクと言い、ジャズの世界ではフェイクをしない演奏の方が少ないと言えます。

  3. ソロ
    それでは一番最初に戻ってみましょう。一番最初にはったFly Me To The Moonの0:57~からサックスが馴染みのない曲を吹き始めたと思います。ここがジャズで一番特徴的であるとされているソロパートです。ここになると、伴奏の音の進行をFly me to the moonそのままにして、そこを各パートが自由に演奏していきます。どれだけやっていいかというとどれだけでもここはやっていいのです。1コーラス分やろうが5000兆コーラス分やろうがジャズ的には大丈夫なのです!
    (しかし、時と場所を考えずにたくさんコーラス分ソロをやろうとすると某氏から演奏中にビンタされるので気をつけてください)
    今回の曲は半コーラス分サックスがやってそのあと残りの半コーラスをベースが演奏する、割とジャズの中でも特殊なケースでした。
  4. 後テーマ
    ソロが終わるとまた先ほどのテーマをもう一度繰り返すように演奏します。いつものように聞きましょう
  5. アウトロ
    見たまんまイントロの逆バージョンですね、曲の終わりです。これもイントロと同じように様々な方法での終わり方があります。

最後の方が雑になってしまいましたがいかがでしたでしょうか、少しはジャズのことについてわかってくれましたかね。みなさんのジャズはおしゃれで近寄りがたい音楽といった考えが多少なりとも変わってくれればいいなと思っております。

p.s まだご飯食べてないからお腹すいた

p.s post-scriptの略

ほぼノリでメカニカルキーボードを購入して今めちゃくちゃカチャカチャうるさい

どうもげろすですおはようございます

 

今日はほぼ個人的などうでもいい話になるのですがメカニカルキーボードを購入して見ました

なんかアマゾンで安くで売られていたので買ってみました

今カチカチとパソコンの方で入力しているのですがこれ音気持ちいいですね

とても癖になる感触でこれから重宝しそうだなと何となくは考えています

だがしかし、私の家はとてつもなく壁が薄いので部屋でこんなものを使ってしまえばお隣さんに対してとてつもないストレスを与えてしまうことになりそうです。これはまずい

 

まあなんか次の物件は壁の厚いところを探したいと思いました(小並感

てかわざわざキーボード買って打つ文章がこれなんだからこのキーボードいらないんだよなあ、、、、

 

次回ブログを更新する際は今まで通り普通のMacBookのキーボードで打とうと思います

よし、メカニカルキーボードの役割おしまい()

最近広告でよく出てくるヤツ花園メリーゴーランド

お久しぶりです、げろすです。

最近読んだ本で書いていたのですが、ブログ更新に関しては自分が好きなものに対して、不定期更新していけばそれを読んでくれる人がきっといると

自己啓発系の最大魔法みたいなノリをもった言葉を授かったので毎日ブログ更新することを諦めました。()

そんな僕は今普段の拠点である広島を抜け現在群馬県に来ております。

 

なぜ、群馬県に来ているかというのはまた後述ということで

さて、話は変わりますがよくネットの広告でこれを見たことはないですか?

と広告の画像を貼ろうとしているのになかなか見つからないorz

こういうのって探そうとしていると見つからないものですよね

まあいいや、漫画の表紙載せちゃおう、それ

f:id:gerosu:20170906213826p:plain

これ花園メリーゴーランドという漫画です。

たまにネットサーフィンしてるときとか、広告で「この村ではそんなの当たり前のことじゃないのか?」ってイロガキと罵られる少年が行っている感じの広告です、分かりにくかったらごめんね

 

これ、少し気になってしまって、、、ね、下品ですが

その、

購入

してしまったんですよ、全巻(某吉影風

 

そう購入した。僕はこの漫画をアマゾンの奥地で購入した全部で五巻!計2500円!!

 

で、ざらっと読んで見てこの漫画

ムラ社会における倫理観、風習の奇妙さを我々にとってわかりやすい『性』という題に結びつけていてとても面白い

 

簡単なあらすじ

 

主人公の相浦という中学生の少年は先祖代々伝わる刀を手に入れるために山奥の村にバスで行こうとするが不幸にも寝過ごしてしまう、彼がとっさにおりた峠を一つ越えるほどに離れた『柤ヶ沢(けびがさわ)』という集落で同年代の女の子の家で泊めてもらう。その夜、彼女の母はきわどい格好で相浦の部屋へ訪れる。

何かがおかしい、それが確かなものとなったのは翌日のことであった、昼は村の女性にズボンを降ろされてしまい、また夜には彼女の母に性交渉を持ちかけられる。

なんと柤ヶ沢は、『性交』を様々な儀式と絡めている現代では奇とされるような風習が根強い土地であったのだ。

 

今作で特に感じた点

村人と主人公における性への倫理観の違い

人生における恋愛観というもの

民俗学的な学びへと誘う一集落で伝わる風習というものとそれに対する人々の信仰心の強さ

 

1つ目と3つ目はつながっている気がしますが一応切り離してみました。

みなさまも気になったら一度読んでみてください、人によっては過激な内容でございますが、その内容自体が物語の趣旨ではないので普通に楽しめるものだと思います。

 

では今日はこのぐらいにします^

バッグの中身

こんばんはげろすです。最近は鈍行列車でほぼ二日かけて実家に帰ったり鈍行+夜行バスという体が無事に死ぬことのできる連続コンボを下って体調が非常にしんどい状態となっております、おはようございます。なんでこの時間にブログを書いているのかというと朝にこっちの方に夜行バスで帰ってきた後にサークルの練習があり、その後屍のようにぐっすり寝ていたからです、今はもう体力も少し回復したかも。

 

さて、夜行バスで東京やら東北やら愛媛やら大阪やら色々なところを夜行バスで行っている僕なんですが、みなさん旅行(帰省なども)するにあたって、苦労してしまうことはなんだと思いますか。

そう

バッグをもちつづけるということですね?(威圧

みなさん修学旅行とか思い出していただけたらわかるとおもうのですが、前日の準備なんかでつい張り切ったりしていろんなものをカバンの中に詰め込んでしまって結局カバンをしめることができないほどに物で溢れかえってしまったり、ギリギリ詰め込めてもからって見たらすごい重かったりした経験が誰だってあると思います、ないならかえってください。

そこで、僕なりにカバンの中にこれは入れたほうがいいというやつと入れなくてもいいというやつでいくつか紹介したいと思います。

まず、入れたほうがいいもの

・速乾タオル

 

 こういうやつです。水泳の時とかちょっと上手い人がこれ持ってるのよく見たことあると思います。

これの何がいいかというと、速乾性があることです。普通のタオルだったら、旅行先で汗をかいたり温泉に入ったりだとかで体をふくとそのタオルは湿った状態になります。もちろん湿ったタオルを直接カバンのなかに入れてしまうのは他のものに被害が及んでしまうのでポリ袋に入れるだろうと思われます。それでも衛生上ちょっと、、、、となってしまいます。加えて、何枚もタオルを持ってくる羽目になるでしょう。しかし、速乾タオルならそのようなことをしなくても使った後に少しタオルを洗ってしまえば、そこそこいい衛生状態を保ったまままたカバンの中に入れて使うことができます。そのため、数日の旅行でも1〜2枚持っていけばなんとかなり結果カバンの中が軽くなることが期待できます。あとすぐ乾くのでカビの心配もせずに済むでしょう。(ダイレクトマーケティングでは)ないです。

・二、三枚のちょっとした着替え

同じ服を着まわすのはしんどい(以上)

・モバイルバッテリー

今は昔、モバイルバッテリーのかわりにMacBookAirを持ち運びし、竹取のげろすというものありけり。モバイルバッテリーの代わりにmacbookair使うのは本当に愚かな選択です(自戒)

・一冊の本

旅行中にギリギリ一冊読み切れるかな?って感じのものがいいです。バスとか電車の車内で読めますし、もちろん電子書籍派の人はスマホやらkindleがあるのでそれでいいです。なんで、わざわざカバンの中重くするの?と思うかもしれないですがこれはまた後の方で。

 

じゃ次は持っていくべきでないものを

・たくさんの服

多分着ないです(断言)。寒くなるかもとかだとしても、旅行なんてどうせ動き回るでしょうし、これくらい着とけば寒さには耐えられるなくらいがちょうどいいです。それほど長くない旅行に過剰な快適さを求めるとそれ以上の不快さが返ってきます(カバンの重さとなって)。旅行先でこれはちょっとと思ったら、旅行先で服買っちゃいましょういっそのこと。

・ゲームや幾つかの本

先述した一冊の本におけるアンサーです。

それきっとやらないですし、開けることすらないでしょう(断言)。少し待ち時間での暇を潰したいと思って持っていく人は多いです。だがこの際はっきり言いましょう。

カバンの中からだすのが面倒臭い

はい、完全に個人の感想ですね、ゆるしてください。でも、みんなも実際そう思うと信じています()

ではなぜ、一冊の本は大丈夫でそれが幾つかに増えるだけでダメとなってしまうのでしょうか。答えは簡単です

どこにそれを置くか

それがこのふたつでは変わってくるからです。

例えば一冊の本を持っていくとします。暇になったらそれを読むのだと決めているので、カバンの中でも比較的開けてすぐのところに入れることが多いです。パッと取り出してすぐ読みたいですもんねこういうの。

しかし、これが複数になるとどうでしょうか。どれを読もうかいうのは決めてないので娯楽解消としてどれも優先度は同じと考えます。開けてすぐのところに入れると他のものがとりだしづらいですね、本が複数あるのですし。そのため、カバンの奥の方にこれらを入れることになります。

いま、これらはおもりになりました

もうカバンの奥に入れたら読むことないです。ゲーム機なんてもってのほかです。暇潰すためにカバンから服かき分けて本を発掘するのは面倒臭いのでやらないです。あなたたちにはわかりますか。バレないように押入れの奥の奥にしまったエッチな本の気持ちを(意味不明)

 

とまあ、こんな感じです。

ぶっちゃけ、足りないのは現地で買えばいいやくらいの心持ちで旅行にいくことがおすすめです。てか、コインロッカー使えばカバン重くなってもなんとかなるじゃないか。なんで僕はこんなにだらだらと文を書いていたのか。夏のせいだ夏休みのせいなんだ。