妄言を吐き出すところ

心が素直に歪んだ 綺麗な汚物大学生です

質問回答 願いを言え

どうもいきです

 

基本的にかまってちゃん全開な僕は

(だいたい不平不満を言うときは

構って欲しいサインだと思う)

 

暇なのでよく質問箱を設置したりするのですが

 

今回、願いについての質問がきたので

それについて幼少期からの自分の夢と照らし合わせて

書いてみようと思います。

 

 

小学校低学年僕

将来の夢 サッカー選手

理由、なんでかよくわからん

サッカーやってなかったし

ちなみに運動は苦手でした。

野球をやっている兄の影響もあって野球嫌いでした。

 

あと野球部によくありがちな群れて騒ぐ感じもあまり好きではないです。

でもサッカー選手になりたかったのは

多分モテたかったからでしょうね()

 

 

小学校高学年僕

将来の夢 漫画家

理由 漫画が好きだったから

単純ですね。

子供のキラキラしたいい夢だと思います。

そんなシンプルな僕は

絵が下手くそというシンプルな挫折で夢を諦めます。

f:id:gerosu:20181017145438p:plain

↑モハメド・イキ(1234〜1135)『キリンさん』(茨城国立美術館)

 

↑高校のころの絵

 

 

中学校僕

将来の夢 ミュージシャン

理由 BUMPに憧れていた

中学生らしいいい夢ですね

ちなみにBUMPの中でも好きなのは

グロリアスレボリューションや三ツ星カルテットです。

 

なぜかわかりますか?

マイナーな曲好きって言ってた方がファンって気がするからね!!!

 

こんな人とは音楽の会話したくないですね

ちなみに高校の進路はガチで音楽科いこうと思ってましたが

ピアノ弾けんやんお前って言われ続けて諦めました

でも、自分の中でしっくりくる反論したのでミュージシャンは諦めてなかったです。

ããªã·ã£ã¬å天çãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

↑ピアノ弾けないやんて言われたときのロジカルな反論

ããªã·ã£ã¬å天çãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

↑対して親の主張。どちらがロジカルかは見てわかりますね

 

 

高校生僕

将来の夢 オーガスタミュージシャン

理由 スキマスイッチとか秦基博が好きだった

音楽科に行けなかったからミュージシャンを諦めた

というわけではないですよ

 

このときはもっぱらオフィスオーガスタ山崎まさよしとか

秦基博とか)の音楽ばかり聴いてました。

 

あの爽やかなサウンドが好きでした。

とんこつみたいな顔だけどな。

 

あと、弾き語りってスタイルがとても好きだったんです。

ギター弾けねえけどな。

 

今僕

浅くて広い僕だからフリーのなんかの仕事になればよくね?

今が一番適当だと自負してます

 

 

気がつけばずっと昔のツイート探ってた

以上

 

 

 

 

常識を疑え自己啓発本は燃やせ

どうもいきです。

 

みなさんいかがおすごしですか

 

ぼくは風邪を引いています

多分先輩の家のゆかで寝たからだと思われます

しょうがないね

 

みなさん自己啓発本って知ってますか

あれです。

 

「成功者になれる法則」

みたいなやつとか

「できる人の法則」

とか

「邪婬について」

などみんながよくビジネス書とかのコーナーを見かけるとよく見るやつです。

 

僕自信は自己啓発の本とかたまに読むくらいには好きなんですが

しっかりものの諸君からしたらごみほどにやくにたたないですよねあれ。

 

 

自己啓発本が必要とされているのは

実際の知識として役立てるのではなく

 

自分の人生どうしようか

俺はこのままでいいのか

って困ったときに多動力とか読んで

ホリエモンの成功理論を理解して

 

ぼきゅ、ほりゅえもんになりゅ~~♥️

とかそういう心の支えのためにあるんだと思ってます

 

 

でも、そんな自己啓発の本も最近では

すごくお粗末な本が多い。

そう思うのです

 

例えば

死ぬこと以外かすり傷

死ぬこと以外かすり傷

 

知る人ぞ知る箕輪さんの名著ですね。僕はあんまり知らんけど。

 

この本を読んでみると

 

ホリエモンはこういう人間だった

俺のこういう考えがいまの信頼に繋がっている

 

とか

 

もうそれただのエッセイじゃございませんか???

 

確かに営業で相手を誘うために

相手の思考を模倣するっていうのは

営業目線からしたらビジネスといえるかもしれませんが

 

ビジネス書らしいところはほぼ皆無です

仮面ライダー皆無です。

 

自己啓発本=ビジネス書になっている事実には目をつぶろうと思います(あんまり許せんが)

 

それでもこの本は自己啓発ですらないような気がしたので

ビジネス書コーナーにあるべきではないです

 

すこし詳しくいうと

自己啓発本の目的がもしも

読者の能力向上や成功の手伝い

それを目的としているなら

 

もう少し読む人にたいして

文章内での環境についての分析と説明をすべきでしょう。

 

例えば、

わくわくするということはどのようなことか

常識に惑わされないとはどのようなことをいうのか、どのようなものを常識と呼んでいるか

 

のような掘り下げをすべきだと思うのです。

 

常識っていっても、みんなが非合理的行動であるのに関わらず重要なものとしてとらえているものだったり

 

先人が数式などの科学的根拠を用いた結果に現在人間社会に浸透しているものとか

それぞれで意味合いは大分違いますからね。

 

前者の意味で筆者が常識を疑えと言ったとき

後者の意味で読者が捉えると

 

「水は毒!水素は健康!マイナスイオン万歳!」

なんていう妄言増し増し人生カラメな人間が生まれるわけなのです。

 

今、日本社会に妄言使いが多く存在するのは

少なからず自己啓発本

勢いだけで適当に書く筆者と

 

あまり精読をしていない(であろう)

編者の責任が大きいでしょうから

反省してくださいね(^^)

 

 

会話であれば同じ舞台で世界を共有できているので設定などはしなくてもよいと思う(勘違いしていてもすぐに説明できるし)

ブログもコメント書けば筆者はすぐに気づけるしね

 

だが、本においては別だ。

読者の勘違いを筆者は感じることができないし、読者自身が筆者に物言いできるほどの環境ではないため、筆者は読者により配慮をもって文を書くことが望まれる。

(口調が急に変わるスタイル)

 

ちなみに最近読んだ社外取締役って小説が面白かった

なんかおじさんたちの陰謀が渦巻いていてすごかったよぉ~ふぇ~

社外取締役 (幻冬舎文庫)

社外取締役 (幻冬舎文庫)

 

終わり

 

(前の文では校舎の意味で常識をとらえ、疑うこと自体を否定しているわけではないです。データに対する違う考察の余地があるのなら疑う余地は十分にあるので。この文章では自己啓発本における世界観設定の無配慮さについて言及していて、それをもって自己啓発本が粗悪になっていることを問題としています)

 

 

ほーら、またインドとかベトナムとか行こうとするー^^

どうもいきです。

 

題名は煽りです。

よく価値観がインド行って変わったー笑笑

とか、貧しい子供達を見てーとか

 

 

もう飽きたんだよ、それ。

 

 

僕の持論でありますが、自分の価値観を変えるものって

別に自分から遠いところばかりにあるわけではないと思うのです。

 

価値観を変えるために重要な行動は

「価値観を変えることを目的として行動すること」に他なりません。

 

例えば、日本の少し栄えたところに行くとします。

そうすれば、ほぼいるのはホームレスです。

 

 

僕たちの大半は

「ホームレスは貧乏で仕事がないから

仕方なくホームレスをしている」

と考えるでしょう。

 

でも、ここで

ホームレスから所謂普通の生き方とは違う生き方を見つける

という価値観の更新を目的に彼らを見てみます。

 

そしたら、不思議に思いませんか?

案外、ホームレスって荷物いっぱい持ってたりするんですよ。

しかも、生活用品だけでなく売ればお金になりそうなものとか

 

で、ここで思いつくわけです。

ホームレスでもお金持ちの人っているんじゃないか

と。

 

そうして、「ホームレス お金持ち」とかで調べると

http://pupurun.com/about-homeless-airin-osaka

こんな記事が出てきたりします。

 

実は、「仕方なくホームレス」っていう人もいる中で

「自らの意思でホームレスをしている」って人もいるのです

これって価値観変わりませんか?

(割と無理矢理感は否めないけど)

 

 

とりあえず最後に伝えたいことは

価値観変えるきっかけはどこでもありますよ、インドとかベトナムじゃなくても

ってことです。

これ以上書く気力がないです。尿意やばいし。

 

さよなら

 

 

 

 

100パーセントってどの時間軸の自分の100パーセントなのかという話

こんばんは、いきなり謎なタイトルで書き始めています。いきです。

 

さて、前回はこのような記事を書かせていただきました。

 

gerosu.hatenablog.com

 ある種、僕を選んでくれないベンチャー企業への愚痴とも捉えられるような

記事でしたが多くの人に見てもらい

それなりに反響があったなと思っています。

 

あんな長い文章読んでくださって、ありがとう御座います。

 

 

今回も懲りずにインターン中の出来事から思ったことを書きます。

 

「あなたは何かをするときに

80パーセントくらいで妥協してしまいますか?」

 

これは某企業でインターンに行ったとき受けた

自己診断の問いの一つです。

(内容が多少違いますが、だいたいこんな感じです)

 

そこのインターンって学生がグループ作って行うのですが

この問いについてみんなで話し合ったとき

 

「私は、100パーセントじゃないと気が済まないな」とか

「少し僕は手を抜いちゃうかな」など話し合いをしていました。

 

このときに

100パーセントをどのように捉えているんだろう

という疑問が浮かびました。

 

 

100パーセントに捉えかたも何もないでしょ

 

 

そう思う人も多いと思いますが

100パーセントの捉え方次第では

人が新たなことになかなか踏み出せない理由

もわかってくるのではないかと僕は思ったんです。

 

例えば、今僕が書いているブログだと

文章を書いているときによく

 

こんな文章で大丈夫なのか

もっといい文章が書けるはずなのでは

 

と思うことがよくあります。

これは、書きながら

自分がいま100パーセント脳を振り絞って書いているか

という迷いからきています。

 

ですが、この100パーセントってよく考えてみたら

未来軸の自分における100パーセントだと思うんです

 

この数時間、いや数日後に存在する

文章的な技術が備わった自分。

これを現在の自分の100パーセントだと勘違いしているんです

 

もし、自分の今の100メートル走の記録が11秒で

過去の100メートル走の記録が12秒だったときに

 

「昔の自分は100パーセントの力を出しきれていなかった」

そう思うでしょうか?

 

もし、過去の自分がそのとき本気で走ったのなら

そんなことは絶対に思わないでしょう。

 

この100メートル走の話を可笑しいと思った人は多くいると思います。

しかし、このように未来や過去の時間軸に存在する自分を

現在の自分と混同している人は多くいます。

 

自分にはまだこれが足りない、あれが足りない、だから、やっても意味がない。

 

そうやって新しい分野に進んで挑戦ができない人は多くいます。

文章、プログラミング、音楽、スポーツ

 

とりあえずやってみればいいでしょうが

 

ほら、偉い人も言ってるでしょ

とりあえずやってみろって

 

あれ、もう少ししっかり書くと

今の君ができる100パーセントでやってみろってことです

今、知識がいっぱいなくてもいい

技をいっぱい持ってなくてもいい

 

あなたが今出来うる限りの力でやってみるべきなのです。

今のあなたは成熟した未来の自分の姿の前借りです。

そう思ってがむしゃらにやってみるべきなのです。

 

 

 

 

途中からよくわからん文章になったのでこれは僕の100パーセントではない

 

 

 


f:id:gerosu:20181003145230j:image

 

 

 

香港100万ドルの夜景


f:id:gerosu:20181003145258j:image

 

香港のそごう

 

 

ベンチャー企業のインターンで盲信する学生

 

どうもげろすこと、いきです

 

もう普通に趣味垢の人に本垢

見られてしまっているので

いきでいいかなって思って

書いております

 

いやあ人生設計がばがばですね

これは絶対会社勤めできないですわ

 

まあそれはさておき

僕、昨日まで

 

ベンチャー企業やらなんやらの

インターンにいってみました

 

ジョーカツってサービスなんですけど

なんと

 

滞在中の東京のシェアハウス利用が無料!

 

という素晴らしいサービスなのです

ジョーカツ|上京就活生への無料シェアハウス提供、交通費補助

 

↑これです(別に宣伝をしたいわけではないです)

 

 

僕は

 

ベンチャー企業にいきたい!

 

ってより

 

東京の空気感を浴びたい!

 

っていうジョーカツにとっては

 

釣りでいう

 

 

みたいな求められていない残念な意識の学生でしたね

 

(そのため、みんなが飲み会いって親睦を深めるなか一人で浅草で有名なバーのもねにいったり、恵比寿横丁で焼き肉寿司食べたりしてました笑)

 

そんなこんなで5日間の経験で思ったことを素直に書いてみます

 

なんか宗教みたいだったなぁ

 

です。

 

ちなみに僕は

ベンチャー企業の自己紹介で

 

「うさんくさいものが大好きで

高校の頃はユダヤ式記憶術とかいう

ものっすごいうさんくさい情報教材を買い

大学では先輩たちと一緒に

関西にある新興宗教の施設巡りにいってきました

新興宗教に興味があるかたは是非話しかけてください」

 

と今にも高い壺とか出しそうな

自己(事故)PRをしました

案の定引かれた。

 

(違う企業が来たときに新興宗教の建物がなんで大きいかを日本の税制度からみて、大きい建物を建てたい建築家となるべく大きい建物をつくってほしい宗教のマーケットが存在するっていう少し深いPRもしましたが、全く響いてなかったようです(-.-))

 

 

さて、話を戻します

 

ジョーカツの目的は

 

地方の挑戦者の東京進出を応援する

 

というものなんですが

今回の様子を見たときに

 

挑戦者ってそんなんでいいんだろうか?

 

って思いました

 

例えば4,5社の企業が来て選考のマッチングをする企画のとき

 

企業の人事の人が

 

「私たちの理念は楽しく未来へ進む~」

とか言うんです(ここらへんどうでもよすぎて人事の顔見ながらケバブのこと考えてたので内容が微妙)

 

それで理念に基づいてなにをしているか

どんな結果を出しているか

 

それについてはほとんど言わないんですよ

 

それなのに弊社のチームワークは~

とか

弊社はみんなで祭りとかして~

とかばっかり

 

なんだよ、それ

トイレ掃除の会社が

「日本一綺麗なトイレを」って理念出したあとに

楽しい飲み会やってますとか

チームワークいいです

とか言ってるんですよ

 

いや、どういうことやってトイレ掃除やってんのか結果どれくらい綺麗になるのか見せろって話ですよ

(これを書きながらこの例えはウンコレベルの例えだなと猛省しています。水に流してください、ウンコだけに)

 

そして肝心の仕事内容は

マーケティング~とか

こういうシステム~とかだけでした

いや、それ使って何を解決してるんだよって

 

そういう意味でいうとGREEとかCYBIRDとかは生活に身近なのでわかりやすいものはありました

(まあ、それをみんながどうやって支えているのかは少し伝わりづらい気がしましたが)

 

でもそれにたいして多くの人が

へぇ~~~~

なるほど

って言ってるんですよ

 

 

いいのか挑戦者

 

 

もう少し御社のこと深く知るべきだろ

そう思いながら僕はシステムで何を測っているのか

相手のどのような欲求を満たすために使うのか

もし、そのようなシステムこういう面で問題起きないか

などをシコシコ質問していました

(嫌な学生だ)

 

他の人は社内恋愛やら

理念ってなにかとか聞いてた気がします

疑問に思うような部分に触れずに、ふんわりとした説明会でなるほどとか思考停止納得状態

(全員がそうではないでしょうが、ぼくの周りはそんな感じでした)

 

こんな感じで

挑戦者を試すインターンシップという形でありながらも

 

大人からのご高説をただありがたくいただく思考の四肢をもがれたような学生

 

 

挑戦者を試すといいながらもそれらしい言葉を与え学生を洗脳している大人

 

信者と教祖

 

まるで新興宗教の絵が不覚にも完成してしまったのです

 

そのため、新規事業を考えるというお題のグループワークのときに

中間発表で大人たちにぼろくそに言われてしまえば

 

ああ、確かにな

 

とありのままを受け止めて別の道を探そうとする僕ら学生がいたわけです

 

違うでしょ

 

なにか言われたら

 

本当に言われたことが正しいか、違う考えをしてみたらすんなりそれ解決するんじゃないか

 

そういう吟味をすべきでしょ

 

多くを知っている大人にも

多くを知らない学生にも

必ずスコトーマってあるはずでしょ

 

そのような思いで

言われたこと考え直せって感じのこと

めちゃくちゃ僕は言ってました(多分チームには頑固なやつだと思われてるでしょう、ごめんね笑)

 

しかし、自分達の考えは甘かったんだ

一からやり直そう

として

 

これまで子どものように愛情を与えて育てて来た新規事業案を

いかに正当に殺すかという流れがチームで起きてしまったのです

 

 

 

このときに

全体の企画が思ってたのと違うなって

思いました

 

 

そう考えると

やっぱり学生って大人に最初からなにかしらで負けてる思い込みがあるんですよね

 

大人はスーパーマン

完璧超人だ

その道のプロで自分では太刀打ちできない

彼は子ども星人よりもはるかに強い大人星人だ

 

だから、戦うのはやめようって

 

いやいや、そんなわけがない

 

大人でも

 

酒につぶれて電車のなかでぐるぐるしている人もいるし

浮気なんかで泥沼化している人もいる

配偶者や恋人に平気で暴力を振るう大人もいる

 

 

別にその人たちはフリーターってわけでもないんです

 

昼には固い苦しいスーツを着ながら弁護士ですとか人事部長ですとか言ってるんですよ

暴力で人を不幸にさせながら「弊社の理念は『人を幸せに』」

とか言ってる人もいるわけです

 

AIが人間の仕事を奪っていって多くの人が路頭に迷っていくと

未来のことに関して現在の価値観を嵌め込んだガバガバAI論を展開する大人もいるわけです

 

 

そう考えると

人間って見れば見るほど大雑把にできているんだ、そこに大人も子どもも関係ない

 

大人って多分思っている以上に僕たちに近いんです、もっと子ども星人臭いんです

 

だからもっと戦っていいんじゃないでしょうか

別に違う星の人じゃないんです

自分が絶対これおかしいなと思ったら噛みついてもいいんです

打ちのめされるかも知れなくても自分の疑問をぶつけて見ればいいのです

 

だってインターンって演劇大会じゃないんだから

 

 

僕はどうせなら

自分と相手の地位や権威を気にしないでその人間にぶつかっていきたいです

 

 

それが一番に人を愛せる方法だと思うから

 

 

 

最後に

 

ジョーカツの斬新なサービスはすごいよかったです(それを使いきれていないことについての感想でこの汚文は構成されている)

 

 

ベンチャーで働きたい

東京で働きたい

 

 

そういう人がいたら臆せずジョーカツのサービス使ってみてほしいです

 

 

もしかしたら

 

 

本当にベンチャーで働きたいのか?

自分で起業してみればよいのではないか?

フリーランスって働き方もあるはずだよな

 

 

っていう考えがインターン中に浮かぶかもしれないですが

 

そういうのも含めてインターンのよさなんじゃないかなと思ってます。

 

NaiMONOさん

今回は素敵な時間と場所を提供してくれて

ありがとうございます(ここに来てうさんくささ出してしまった)

 

https://jo-katsu.com

ジョーカツ|上京就活生への無料シェアハウス提供、交通費補助

 

 

 

 

P.S.

 

ある学生が僕に言いました(僕も学生だけど)

 

「いきくんって新興宗教にハマってるの?笑

変な勧誘とかしないでね笑」

 

 

完璧な洗脳は

いかに疑いを持たれないような自然の世界を相手に見せるかだと思ってます。

 

 

もし、大きな理不尽に打ちのめされたとき

 

 

君らの方が新興宗教

どハマりするんだろうなと

思いながら

 

 

ちょっと洗脳の勉強してみたいな

とも考えました。

 

 

 

 


f:id:gerosu:20180923151639j:image

 

東京のねも


f:id:gerosu:20180923151657j:image

 

恵比寿横丁の近くの犬

 

 

 

追記

この文でベンチャー企業が紹介において理念ばかりをあげている事に対しては、なんとも思っておりません。むしろ、学生が就職で夢をみる良いきっかけになるのではと思います。

 

しかし、会社の理念という抽象度の高い物事を紹介するだけ紹介しておいて

実際の事業という抽象度の低い物事について

人事の人間があまり知らないというのは

 

優秀な学生を取りたいと思っている企業側から見て

実際に会社が何をやって収益を上げているのかわからないような人事が学生を採用していくことは

あまり良いことではないのでしょうか。