妄言を吐き出すところ

妄言を吐きだすんだ、僕の自由が許すままに

買ったばかりのクロスバイクを1週間で壊してしまった話

やあやあどうもみなさんこんばんは

夜も深まり人々の声もだんだんと囁きに近づくこの時間、こうしてブログを書いております。(文章力のNASA)

さて

題の通りです

自転車がぶっ壊れました。

ぶっ壊れたって言ったら語弊がある感じのニュアンスなので言い換えます、ちょっ壊れました。

なんで壊れたのでしょうか。我々はそれを探るためにアマゾンの奥t

~~~~~~~~~

1週間前にさかのぼる。

「家の鍵に自転車の鍵をつけていたらそれごと旅行先でなくしてしまった☺️😉どうしよう、そうだあの自転車空気入れなくてけどクッソほど重かったので新しいのに買い換えよう!大学生といえば、クロスバイクや!!!!!!!!!!!!!!」

 

こうしてとりあえずやすいクロスバイクはないものかと、目をギラギラにさせながら朝四時サークルの合宿所でAmazonを開きながら、僕はLIG MOVEという解へたどり着いた。

 

 

どうやらレビューによると、同じクロスバイクを街中でよく見かけることがあるのでダサく見えてしまうかもしれない。そこが気に掛からなければよい、らしい。そんなバカなことがあるか。はいはいワロスワロスと僕は鼻で笑った。いや、大笑いだったかもしれないな、あの時は。

それほどまでにレビューが馬鹿げて見えたのだ。様々なクロスバイクが街を走るこの日本でそれほどたやすく種類がかぶることなどあるわけがない。この妄言吐きめ。僕は騙されないぞ。このクロスバイクを乗り回して夢のキャンパスライフを謳歌するぞ。

そして、大きな荷物のため外で待機してもらっても良いかという配送業者の電話。僕はアパートの外へ出た。

アパートの駐輪場でさっそく同じやつ一台発見した、ワホス。

 さて、配達される自転車に浮き立つ心をおさえながらダンボールを開けると

なんと、組み立てを要していたのである。

ーー僕の頭は真っ白だ。

僕に組み立てなんてできるわけないだろ。ふざけるな、僕は図工が2とかの男だぞ。実力ではなく知識量だけで図工の成績を上げた男だぞ僕をなめるなよと吹きこぼしの技法を思い出して懐かしい。怒りで血管が切れそうだった、少年漫画で親友を殺された主人公の怒りがわかった気がした、もしくは憤死をしてしまったボニファティウス8世の気持ちか。

 

組み立ては、もちろんのようにタイヤを逆方向にセットしていたため、それに気づくまでは車輪と車体が干渉をし、きぃきぃとその金属の体から悲鳴がなろうとも自分には非がなく業者の誤送だと割と本気で思うくらいには酷いものだった(途中で原因に気づけたので自らに図工4を与えたい。)

ペダルの設置これが悪かった。神がこやつに図工4を与えられようが今まさに自転車を組み立てている男はペダルを適当にはめたのだ、慢心という悪癖が彼をそうさせたのである。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、今ペダルがぶっとれて中のクランチ(ペダル入れるところ)がネジ山変形するぐらいには壊れていましたワロス

修理とか結構するみたいですワロス

これ書くまでは、格安で買えたクロスバイクにお得な買い物したなあ僕はぁ。とか思ってました。ワロス

以上。ゲリョス